便利な電子書籍の世界

最近は、電子書籍で漫画を読むことがライフスタイルの一部になりました。

以前は、本屋や古本屋、Amazonや楽天などの通販で購入したり、コミックレンタルを利用したりしてしました。

しかし、漫画と言うものは、巻数が多くすぐ本棚や部屋を占領してしまいます。

そうなると、どうしても処分せざるを得ない作品が増える訳で、大半のコミックは古い巻から順次古本の買取に処分行き。

コミックレンタルは、手軽で便利ですが、人気作品ほど在庫切れだったり。

期限内に返却や、宅配に集荷に来てもらうなど、地味に手間が掛かって煩わしい。

そんな悩みを一気に解決してくれるのが、電子書籍でした。

どれだけ集めても場所を取らないし、レンタルみたいに返却の手間もかからずとても便利。

今では、漫画は電子コミックで読むことが当たり前のようになっています。

電子書籍にもデメリットはある

大絶賛中の電子書籍ですが、デメリットももちろんあります。

多くの人が感じていると思いますが、まず価格が高い。

紙の本の定価とほとんど変わらない値段なので、中古本を買う時みたいなお得感はありません。

ただ、各電子書籍ストアで定期的に割引きセールを行っているので、上手く活用すれば新刊の単行本を購入するよりも、安くコミックを買うことができます。

まだまだ品揃えも悪く、作品によって新刊発売から電子化までの期間にかなりバラつきがあります。

漫画好きには、品揃えの面でのデメリットが一番大きいのではないかと思います。

また、あまり知られていませんが、電子書籍というのは、データを読む権利を与えられているだけで、自分の所有物にはならないと言う所。

利用している電子書籍ストアが潰れてしまうと、購入したコミックが読めなくなるというリスクもあります。

大きな所だと、他のストアが受け皿になってくれたりもしますが、全てのストアで救済措置が行われるとは限りません。

出版社の都合などで、配信されていたコミックが配信停止になることもあります。

私の経験では、人気少女漫画「ガラスの仮面」の電子書籍の販売が全巻販売停止になる出来事がありました。

購入したものに関しては、再ダウンロードして読むことが可能だとありましたが、今後の新刊をまた単行本で買い直さないといけないのかと思うとガッカリです。

(それ以前にガラスの仮面の場合、単行本化が遅すぎて次の新刊発売がいつになるのか分からないと言う・・・)

このように、紙の本では想定していない事態に遭遇する可能性があることも理解しておいた方が良いと思います。

紙の本と電子書籍を使い分ける

紙の本、電子書籍には、それぞれメリット・デメリットがあります。

どちらかが良くて、どちらかがダメと言う訳ではなく、自分の用途に合わせて使い分けるのが一番賢い選択だと思います。

個人的には、漫画や小説など最初から順番に読んでいくものは、電子書籍が便利ですけど。

ビジネス書など、飛ばし飛ばしに必要なページだけ読みたい場合は、電子書籍は不便に感じます。

本の種類や状況に合わせて、最善な媒体を選ぶことで、より読書や漫画の世界が楽しめると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする