友達の大切さを教えてくれる作品 フルーツバスケット

私は小学生の時から好きな漫画があります。それは花とゆめで連載されていた「フルーツバスケット」です。通称フルバは友達の大切さ、人を信じることの大切さを教えてくれた作品です。

主人公の透は幼い頃に父親を亡くし、女手一つで育ってくれた母も高校生のときに亡くしてしまいます。だからこそ、人を大切にすることを学んだのだと思います。透は友達を大切にするからこそ。透も大切にされているのだと思いました。

特に印象に残っているのが、作品としては序盤ですが透あ居候することになった草摩家はお正月には本家に集まらなければいけなく、透は一人で正月を迎えなければいけなかったんのですが、友達の花ちゃんが本家に向かう草摩家の人に「今まではお母さんと過ごしていたお正月を一人で迎えることになる」ということを伝え、透が一人で正月を迎えることを知らないところで阻止してくれました。

透はどんなことがあっても、人を決して憎むことがなく女神のように感じますが、本当はたくさんの暗い過去を背負っていて・・・。複雑な人間関係の中に素敵な出会いがあり、人間関係に疲れたときに読むと癒されます。

この前読んだスマホ漫画のお見合いプロジェクト2015は、エロいお見合いをするストーリーが面白くて楽しめました。

作者のhストックさんは、3DCGがとても上手くて女性キャラが魅力的だと思います。

クオリティーが低い3Dは、気持ち悪くて抵抗感がありますが、ハイクオリティーな3Dは女の子が可愛くて全然ありだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする