キャラクターデザインがずば抜けている鳥山明

私が思う一線を画す漫画家といえば鳥山明さんです。
まずなんといってもキャラクターデザインがずば抜けています。
「ドラゴンボール」や「ドクタースランプ」は何十年も前の作品です。
しかし現代の漫画と比べても全然古臭くなく、むしろ新しいとすら感じるのです。
それに絵がすごく見やすいです。

この前、アイスピック 漫画 無料で試し読みしてみましたが、夏のオトシゴは、絵が綺麗で生々しい寝取られ描写もHで読みやすくて、大興奮な作品でした。

バトル漫画の中には何をやっているか分かりづらいものがあったりするのですが、鳥山さんの場合はそんなことはありません。
まるでアニメを見ているかのように戦闘の動きがスッと頭に入ってくるのです。
誰が何をしているか一目で分かるほうが物語に没頭しやすいですから、その点においてもすごいと思います。

また鳥山さんはネーミングセンスもすごいです。
例えばブルマやトランクスなどがそうです。
この二つは名前に向いている名称ではないにも関わらず、すごくしっくり来るのです。
トランクスに至っては下着なのに、かっこよく聞こえるから不思議です。

このように鳥山さんは今の漫画家と比べても遜色ないどころか上回っているすごい漫画家だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする